特定調停による債務整理とは

特定調停について解説している男性

借金をして自力で返済ができている間はいいのですが、借金が返済できずに毎回のように借金が膨れ上がってしまっている場合や借金の返済は滞りなく進んでいるのに金利が高いなどの理由から元本が減らない状態になっている場合は債務整理をする必要性があります。

 

普通なら完済しないといけない義務がある借りたお金を法律の力を利用して返済そのものをしなくても可能にすることや借金の総額を減らすことによって借金の返済ができないやすい状態を作ることが可能になっています。これだと真面目に返済している人にとって腑に落ちないことだと思うので、しっかりと対比させる目的を持って債務整理をした人に対しては言ってのペナルティを科すルールになっています。
ただし、任意整理や特定調停に関しては借金のレベルがそこまで高くない状態で行う債務整理ということもあって借金が全部無くなってしまうことや職業制限がかかるわけではありません。

 

順番的には任意整理の後に検討されることになる特定調停ですが、任意整理のように環境を変えて返済しやすい状態を作るだけでなく借金そのものを減らすことによって借金完済を目指すようにも調整します。
そのため、安定した収入が無いと当然ながら返済するお金を確保することもできないため、通常は仕事に就いていて安定した収入があることが特定調停を行う最低条件になっています。
また、借金の状況や状態によっては他の債務整理が必要になることもあります。

借金返済に困ったときの対策が分かるトップページへ戻る借金を返せない時はこちらのトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

特定調停の条件
特定調停の条件としては、減額はされるものの残った借金を返済していくのが前提となります。ですから月々返済していけるだけの経済力があるということ。つまり安定した収入があることが最低限の条件と言えます。