おまとめローンを利用できる可能性は?

おまとめローンで借金返済

おまとめローンについて解説している男性

借金をした場合の解決策として債務整理という方法がありますが、以前は自己破産の印象が強く、債務整理をすることはすべてを失うことでもあると認識していた人も多くいますが、自己破産をしても人としての権利はきちんと守られます。

しかしながら自己破産に対して何の罰則を無いと借金をまともに返済する方が馬鹿らしくなるので、そうならないよう債務整理には借金のレベルに応じて様々な罰則が設けられています。
そのため、できれば債務整理を検討する前に他の方法で借金問題を解決する方法を模索したいところですが、債務先が何カ所かある場合にどうにか自分で借金を完済することができる範囲内であればおまとめローンの利用をおすすめします。

 

このローンは名前の通り借金をまとめるために作られた借金を返済するための借金という少し複雑なローンになっていますが、例えば10万円のお金を10の金融機関から借りている場合に100万円をおまとめローンで借りてそれぞれの金融機関に対して一括返済するというものです。
これによって借金先が一つになるため、借金の管理がしやすくなるというメリットがあり、借金を返済する先が一カ所になることによって毎月の支払いも少なくなるという特徴があります。
また、借り換えローンという名前でローンが用意されていることもありますが、いずれの場合もローンで借金を返済するという目的を持っていることに違いはないものの、内容に関しては若干の違いがあることもあります。

 

おまとめローンについて解説している男性2

ただし、取り扱っている金融機関により違いはあるものの、貸付条件が意外と厳しくハードルが高いものなのです。

たとえば、過去に返済が滞っていた時期がある、返済が遅延してしまったなどの過去の返済事故があると、利用することは難しいでしょう。
複数の債務をまとめる、という性質上どうしても貸付の総額が大きくなる傾向がありますから、審査が厳しくなる傾向があるのです。

おまとめローンはどこでできる?

おまとめローンについてアドバイスしている男性2

おまとめローンを利用する場合は最初に対応するローンが用意されている金融機関を探す必要がありますが、消費者金融だとおまとめローンの取り扱いが無い場合がほとんどなので、利用するのであれば銀行になると思います。

 

消費者金融で利用することができない理由は総量規制の仕組みを考えると分かりやすいかもしれませんが、年収の3分の1を借りることは出来ないルールになっているため、おまとめローンが必要な状態になっていることは既に多くの借金を抱えているかもしれないということになります。

 

しかし、これが銀行になると年収による借り入れ制限はないため、仮に複数個所で借金をしてしまっている状態であっても借金を返済する目的であれば、おまとめローンでまとまったお金を借りることができます。

 

さらにおまとめローンは債務整理と違って借金を完済するためのローンであるため、おまとめローンを利用したからといって金融機関のブラックリストに名前が入ることもありません。

 

おまとめローンについてアドバイスしている男性

債務整理は借金問題を解決するための有効手段として多くの人が債務整理による借金整理をしていますが、基本的に自力でお金を返済することができなくなった際に行う方法です。

従って可能な限りは自分でおまとめローンに限らず自力で返済することを考えることが大切なのです。
しかし、その方法はおまとめローンに限らず他にもいろいろな方法があるので、それぞれのメリットやデメリットを比較しながら最終的に選んでいくとよいでしょう。

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金を返せない時はこちらのトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

借金返済したい、でもどうする
借金返済したい,、逃げるつもりはないけれど、でもどうしたらいいのか?まだ大丈夫と思っていてもちょっとしたキッカケでどうしようも無くなるのです。
FX投資に失敗した結果、多重債務に
副収入を目指してFX投資するように。しかし失敗した結果、元手を全部失うどころか多重債務になってしまった私がしたこととは。
無料相談どこがいい?
借金に関する無料相談はたくさんありますが、返済に行き詰まってどうしょうもなくなったとき、どこに相談するのが良いのでしょうか?