借金どうしよう 私の債務整理体験

借金をした理由 返せない理由

返済をどうしようか悩むひと

借金をしたものの返済するときになって「どうしよう」となることも少なくありません。

「返済のことも考えずに、どうしようなんてあまりに無責任では?」
もちろん、そう思われても仕方がありませんよね。

 

「借りるときに考えておけよ。」
「返せるアテがないなら借りるな!」
すべてそのとおり、正論です。

 

しかし、緊急にお金を用意しなければいけない状況になった、ということも。借りることができる相手が誰もいない。
親や兄弟にも言えない。それで、とりあえず消費者金融から借りてその場しのぎ… じつはこれ、私のコトなんですが…。
また、問題なく返済できると思っていても、いざ返済となると「どうしよう」となることが、実はかなり多いのです。

 

仕事を失って無収入になってしまった。
給料が激減してしまった。
病気や介護で働けなくなってしまった。……

 

私が陥った借金地獄の日々

借金を返せないとなって意気消沈の人

そんな、借金でどうしよう、となってしまった私の借金地獄体験をご紹介します。

結論から言うと、債務整理によって危機的状況から脱出できたわけですが、債務整理するにも私たちは何もわかりませんよね。
お金と法律の関係にはまったくのシロウトですから当たり前なのですが、でも、せめて知っておくべきポイントがあるのです。
これを知らないと余計な苦労をしてしまったり、精神的な苦痛を余分に味わうことになってしまいます。

 

それを、早く確実に解決できるのが専門家の適切なアドバイス。
あなたのケースに最適な解決方法を指南してくれるのが、借金問題に強い法律家です。これ、じつは無料で簡単に見つけることが可能です。

 

実際に債務整理を依頼しないまでも、無料でどうするべきかアドバイスを貰えるサービスになっています。
私も利用してみてはじめて「自分で想定していたこと」と、「現実にどうするべきか」が大きく違っていました。
この違いを知っておくのが最大のポイントと言えます。

 

借金返せないときはこちら

借金どうしよう 私の債務整理体験記事一覧

自転車操業は続かない私は今まで借金に借金を重ね、あっという間に、いわゆる多重債務者になってしまいました。消費者金融のカードローン、銀行系のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠など、持っているカードを限度額いっぱいまで使い切ってしまいました。借金を返済したい、と思っていても、もうどうしようも無い状態です。どうしよう、と思い悩んでもどうなるものでもありません。返済に行き詰まり、滞納が始まって...

なんとか収入を増やしたかった私は私は地元の食品会社に勤務しています。就職して6年目のその当時、給料は残業代など込で月額手取りで20万円ほど。ボーナスはだいたい給料の2ヶ月分くらいを、6月と12月にもらっていました。高い給料ではありませんが贅沢をしなければなんとか普通に生活できる金額ではあったのです。しかし…会社の業績が思わしくなく、ここ何年も昇給しておらず、ボーナスも一律50%ほどカットされること...

もう「借金がもう返せない、どうしよう」という状態になってしまっている。本当にいま、行き詰まりの状態になって、どうしようもないのであれば、自分ひとりで解決しようとしないで、まず相談することがおすすめです。弁護士なり専門家に現状を話して最善の解決方法を探るべきでしょう。わたしはその段階に至るまでの最初の行動が遅かったために大変な苦労をすることになりました。つまり、増やさなくてもよい借金をさらに大きくし...

借金をした場合の解決策として債務整理という方法がありますが、以前は自己破産の印象が強く、債務整理をすることはすべてを失うことでもあると認識していた人も多くいますが、自己破産をしても人としての権利はきちんと守られます。しかしながら自己破産に対して何の罰則を無いと借金をまともに返済する方が馬鹿らしくなるので、そうならないよう債務整理には借金のレベルに応じて様々な罰則が設けられています。そのため、できれ...