債務整理するとクレジットカードは利用できる?

債務整理後のクレジットカード

債務整理後のクレジットカードについて説明する男性

今のご時世、クレジットカードに依存して生きている人は多いと思いますが、単にショッピングのために使用するというだけでなく携帯電話の料金支払いや公共料金、税金などの支払いも可能になっているため、様々な料金の支払いに対してもクレジットカードは有効に活用することができます。

しかし、クレジットカードを発行してもらうためには信販会社に申し込みをして然るべき審査を受ける必要がありますが、これに通過しないことにはいくらクレジットカードを保有して使用したくても手に入れることができません。

 

また、クレジットカードに付随して発行してもらうことができるETCカードについても発行してもらうことができなくなるため、高速道路を頻繁に運転する人からすると料金所でいちいちお金を支払う必要があるので手間に感じると思います。
基本的に債務整理をした後だとクレジットカードを発行することは難しくなりますが、ブラックリストから名前が除外された後だと会社によってはクレジットカードを発行してもらえる場合があります。

 

また、クレジットカードを発行することができた場合に定期的な利用をしてきちんと返済をしていると全く利用しない場合よりも信用度は高くなるので、今後新たにクレジットカードを発行できる可能性はより高くなります。
ただし、債務整理の有無に関わらずクレジットカードを発行する信販会社によって審査の条件は異なっているので債務整理をしてないから利用できるということではありません。

 

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金を返せない時はこちらのトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

債務整理したあとの住宅ローン利用の可否
債務整理をしたあとでも住宅を購入、新築しようとする場合、現金を用意できなければローンを利用することになりますが、必要が出てきたときどうなるのでしょうか。
債務整理とマイカーローン、学資ローン
住宅と並んで自動車も高額なためローンを利用して購入するケースが多いもの、債務整理をした後ではマイカーローンの扱いはどうなるのでしょうか。また、お子さんのために利用したい学資ローンの利用の可能性も気になるところです。
債務整理後の携帯電話、スマホの契約
債務整理のあとで気になっている方が意外と多いのが携帯電話、スマートフォンなどの分割購入です。今では本体料金も通話料金といっしょに月々払うケースが多いものの大丈夫なのでしょうか。
債務整理 事業者の場合は
法人、企業など事業者の債務整理も増加しています。銀行から思うような融資が受けられずに個人の名義でカードローンの申し込みをしているケースも多いのです。