債務整理後に意外と不便なのが携帯電話やスマホの契約なのです

債務整理後のスマホ契約の可否

債務整理後のケイタイ、スマホ契約について説明する男性

今や現代人にとって必要不可欠になっているスマホですが、電話ができるという機能だけでなく通信によって様々な情報を入手することができる他、知人や友人とのコミュニケーションツールとしても高い機能を発揮することになります。

しかし、端末代金は機種によって10万円近くもかかることから一括で購入するのは負担が大きくかかってしまいますが、債務整理をした後だと一括で払えるお金は残ってないと思うので、スマホの分割購入ができるかどうか気になるところだと思います。

 

通常だとローンを組むことはできなくなるので、この法則だとスマホを購入するための分割サービスも利用できないというのが一般的だと思いますが、実際のところは債務整理をしていてブラックリストに名前が入っていてもスマホであれば分割購入ができる場合があります。

 

スマホの分割購入は他のローンと一線を画す部分がありますが、その部分というのが金利の負担が一切ないという部分で、携帯電話会社はローンで購入させることによって得られる金利を目的としているのではなく、借金を抱えさせることで長らく自分のところのユーザーになって欲しいという気持ちの方が強くなっています。
そのため、一括で購入されるよりも分割で購入してもらう方が携帯電話会社としては都合の良い側面もあるため、債務整理をして信用情報にヒビが入ってしまっている状態であっても安定した収入があるのであればスマホを分割購入できるというわけです。

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金を返せない時はこちらのトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

 

 

関連ページ

債務整理したあとの住宅ローン利用の可否
債務整理をしたあとでも住宅を購入、新築しようとする場合、現金を用意できなければローンを利用することになりますが、必要が出てきたときどうなるのでしょうか。
債務整理とマイカーローン、学資ローン
住宅と並んで自動車も高額なためローンを利用して購入するケースが多いもの、債務整理をした後ではマイカーローンの扱いはどうなるのでしょうか。また、お子さんのために利用したい学資ローンの利用の可能性も気になるところです。
債務整理とクレジットカード
クレジットカードに依存して生活している人は多いはずです。ショッピング、キャッシングだけではなく様々な料金の支払いが可能になっているからですが、債務整理後となると利用は困難です。
債務整理 事業者の場合は
法人、企業など事業者の債務整理も増加しています。銀行から思うような融資が受けられずに個人の名義でカードローンの申し込みをしているケースも多いのです。