債務整理後、マイカーローン、学資ローンは利用できる?

債務整理後のマイカーローン

債務整理後のマイカーローンについて説明する男性

日常生活に欠かせない乗り物に車と挙げる人も多いと思いますが、今や一家に一台という時代ではなく一人に一台という時代に変遷しており、昔に比べると車は私たちの生活により密着したものになりつつあります。

また、中古車市場の活発化に伴って格安で車を購入することができるようになったのも世帯あたりの車所有台数が増えている理由の一つになっていますが、中古車と言っても購入するには数十万円というお金が必要になるため、債務整理をしている人にとっては痛い金額には違いありません。

 

債務整理のデメリットと言われているのがローンを組むことができないというもので、マイカーローンについてもローン会社と通しての手続きになる場合は信用情報で引っかかってしまいローンによる車の購入はできなくなります。

 

一方で、マイカーローンのすべてがローン会社と通しているという形態ではなく、お店によっては販売店が独自にローンを用意している場合がありますが、この場合だと債務整理をしてブラックリストに名前が掲載されていてもローンを組むことができる場合があります。

 

また、販売店と一定の信頼関係を築けている場合はローンを通さないでオーナーに対して毎月一定の金額を支払うということもできるので、この場合も債務整理後に車を分割購入することができます。
ただし、販売店によってローンの対応はかなり違っているため、購入を検討する前にローンについて確認しておくことをおすすめします。

債務整理後の学資ローン

債務整理後の学資ローンについて説明する男性

学校に通うためには学費が必要になり、特に義務教育が抜けてからの高校や大学、専門学校に関しては多額の費用を用意しないといけなくなりますが、早い段階から学資保険などを利用してお金を貯めることができている人はそこまで多くないと思います。

 

子供が義務教育を抜けてから急に慌てると言う家庭も少なくないと思いますが、現在においては奨学金制度などを利用することによって学費に必要なお金を借りることができるようになっています。
そのため、まとまった学費が必要になっても難を逃れて対応することが可能になりますが、果たして債務整理をしてブラックリストに名前が入っている人になるとスムーズにお金を借りることができるのかという疑問が生じます。

 

基本的に債務整理をした人の名義でお金を借りることは難しいので、学校の為の費用であっても子供のためにお金を借りられる可能性はゼロに等しいと言っても過言ではありませんが、唯一借りることができる方法としては自分ではなく子供の名義で借りるという方法です。
子供に負担をかけてしまうのは心苦しいと感じるかもしれませんが、名義が子供であっても自分に返済するだけの収入があるのであれば、子供の代わりに払ってあげればいいだけの話しです。

 

また、教育に関するローンは奨学金だけでなく様々なローンが用意されており、中には信用情報に傷が入ってしまっている人であっても利用できるローンがあるかもしれないので、あらかじめ利用条件を確認しておくとよいでしょう。

 

借金返済のコツが分かるトップページへ戻る借金を返せない時はこちらのトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

債務整理したあとの住宅ローン利用の可否
債務整理をしたあとでも住宅を購入、新築しようとする場合、現金を用意できなければローンを利用することになりますが、必要が出てきたときどうなるのでしょうか。
債務整理とクレジットカード
クレジットカードに依存して生活している人は多いはずです。ショッピング、キャッシングだけではなく様々な料金の支払いが可能になっているからですが、債務整理後となると利用は困難です。
債務整理後の携帯電話、スマホの契約
債務整理のあとで気になっている方が意外と多いのが携帯電話、スマートフォンなどの分割購入です。今では本体料金も通話料金といっしょに月々払うケースが多いものの大丈夫なのでしょうか。
債務整理 事業者の場合は
法人、企業など事業者の債務整理も増加しています。銀行から思うような融資が受けられずに個人の名義でカードローンの申し込みをしているケースも多いのです。