任意整理 メリット デメリット

任意整理をする前に知っておきたいポイントやメリット

 

任意整理について知っておきたいこと

 

利息免除で元本返済が楽にできると人気の任意整理も、必ずしも万人にお勧めできる債務整理ではありません。自己破産などを選択すべき人もいます。

 

メリットもデメリットもあり、それを知ることも大切です。どんな人に任意整理はお勧めできるのでしょうか。

 

任意整理とは

 

任意整理とは、債権者と債務者が文字通り任意で交渉し、過重な返済を現実的な返済計画に変えることを言います。

 

とはいえ、ほとんどの場合は元本を3年から5年で完済することを条件に、利息を棒引きにすることで話がまとまります。

 

実際の交渉は自分がするのではなく、弁護士や司法書士さんに依頼するので安心です。

 

法律に基づかない債務整理

 

任意整理は「任意」という言葉からわかるように、法律などで強制されるものではありません。

 

そのため弁護士などが交渉を持ちかけても応じない消費者金融も少なくないようです。

 

 

そんな消費者金融などに対し、自己破産されるのとどちらがいいかと交渉し、話をまとめてくれます。資格より交渉力が重視されるのです。

 

元本返済だけになることがほとんど

 

こうして交渉の結果、元本だけの返済という条件で決着し、「和解調書」が作成されます。

 

法律を学んでいる人はご存知でしょうが、民事裁判などで両社の折り合いをつける「和解」のことです。

 

裁判の和解は裁判官が仲介しますが、任意整理は弁護士や司法書士さんと消費者金融などが直接交渉して和解に至ります。

 

任意整理のメリット

 

任意整理以外にも解決方法がある

 

任意整理は債務整理の中で実際にされる件数が一番多いと言われています。

 

法律に基づかない債務整理であることと、たいていの債務整理は金額がさほど大きくないからです。

 

 

また、法律に基づく自己破産などの債務整理は手間がかかり、報酬も40万から50万円と高いです。

 

しかし、任意整理は司法書士さんに依頼すると1件4万円程度で済む場合もあります。

 

利息がゼロになる

 

また、ほとんどの任意整理は元本返済を条件にして利息が減免されます。つまり利息がゼロになるのです。

 

消費者金融で毎月決められている最低返済額は、利息を最低限回収できる金額に設定されています。

 

これに対し、任意整理のスケジュールで返済する資金は、元本返済にダイレクトに回ります。

 

官報などで公表されない

 

任意整理は、法的な債務整理ではないので官報などで公表されません。

 

信用情報機関に登録されることはありますが、信用情報は公表されないので安心です。

 

 

また、家族に内緒で債務整理をする人も多いため、任意整理はベストの選択と言えるでしょう。

 

弁護士や司法書士さんも家族などにバレないように、連絡はメールにしている場合が多いです。

 

任意整理のデメリット

 

カードが使えない期間がある

 

しかし、任意整理にはデメリットもあります。

 

任意整理は当事者同士で協議することで和解に至りますが、着地点がほぼ確実に決まっています。そのため、元本カットは基本的にありません。

 

過払い金の存在が判明すれば、その金額だけ元本から減額されるでしょうが、時効になってしまった部分が多く、あまり期待できないでしょう。

 

元本は返済する必要がある

 

つまり、元本は確実に返済する必要があります。

 

そのため、その人の返済力と残債額を比べ、3年から5年で完済することができないと見込まれる場合は任意整理を使えません。

 

 

この場合、法的整理である自己破産や個人再生の方法を取ることになります。

 

個人再生であれば、住宅ローンを残したうえで残債の一部をカットすることで確実に完済させることが可能です。

 

そして、ご存知の通り自己破産であれば。残債は一気にゼロになります。

 

返済できないといきなり強制執行

 

任意整理で最大のリスクは返済できないときでしょう。和解調書では返済が滞った場合は、問答無用で給与や預金の差押ができることになっています。

 

返済が滞ることによるリスクが非常に高くなることは、大きなデメリットと言えるでしょう。

 

お勧めできる人

 

どちらを選べば良いのか

 

では、任意整理をお勧めできる人はどんな人でしょうか。

 

まず、返済が滞ると強制執行されることもあり、ある程度の収入が3年から5年継続できる人が対象です。

 

また、任意整理中はブラックリストに載るため、クレジットカードやカードローンの利用はできません。生活習慣を改善できる人であることは必須でしょう。

 

3年以内に確実に返済できる人

 

任意整理の和解は3年から5年で残債を返済することが条件になっています。

 

ただ、実際には3年で完済しないと和解に応じないと強気の対応をする消費者金融が多いです。

 

そのため残債を3年以内に完済できることがほぼ確実な人に限定されるでしょう。

 

完済しないと強制執行されるため、せっかく任意整理をした意味がなくなってしまうのです。

 

生活を改善できる人

 

任意整理をするとクレジットカードやカードローンが使えなくなります。そのため、お金を借りることや後払いの買い物ができなくなるのです。

 

この生活に自分を変えていくことが大切ですが、そのためには貯金をしてお金が必要な際に慌てないで済むようにする必要があります。

 

 

任意整理は元本返済が義務付けられるため、自己破産などのような劇的な債務カットにはつながりません。

 

しかし、官報などで公表されないため、誰にも内緒に債務整理を終わらせることができます。

 

 

信用情報機関にブラックリストとして載せられるデメリットもありますが、最近はデビットカードを利用すればクレジットカード同様に支払が可能です。

 

任意整理で決まったスケジュール通りに返済すれば、夢にまで見た完済が実現します。

 

借金返済に困ったときの対策が分かるトップページへ戻る借金を返せない時はこちらのトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

任意整理のメリット・デメリット記事一覧

任意整理とは、大まかに言うと返済に行き詰った時に貸主に掛け合って借金を減額してもらい、残りを返済していくことを言います。具体的には私たちが債権者、つまりお金を借りている金融機関などにこちらから「和解案」を示して直接交渉し借金の減額を図っていくもの。他の債務整理とは違い裁判所などの仲介者に申し出ることはなく借金の金額や借金の返済方法について債権者と話し合います。こちらが過払い金の返還を求めたり、希望...

任意整理のメリット任意整理をすることによって得られるメリットについてもあらためて確認しておきましょう。金融業者からの督促をストップできますあなたが弁護士あるいは司法書士に任意整理を依頼すると、いままで押し寄せていた貸金業者からの取り立て、督促は全て停止します。債務者からの依頼を受けた弁護士あるいは司法書士が「債務整理を受任しました。今後は私が窓口になります」と全ての債権者に通知します。通知を受けた...