借金するときの心得は

ローンの目的と利便性

借金について解説している男性

借金をする人は何らかの目的があって金融機関からお金を借りるのだと思いますが、目的ローンについては借りる段階で目的がはっきりしているため、必要なお金などもあらかじめ分かっていると思います。

 

目的ローンで代表的なローンとしては住宅や車を購入するために必要なお金を借りる住宅ローンやマイカーローンですが、いずれの場合も一括で購入することは難しい金額で、特に住宅は数千万円というお金が必要になることを考えるとローン無しでは購入することができないものとも言えます。
これが本来のローンの意味とも言えますが、カードローンやキャッシングなどになってくると目的が無くてもお金を借りることができるため、目的ローンに比べると借りる側の意識が低いことも少なくありません。

 

利便性が高いのはもちろんメリットの部分ではありますが、目的が無いと不要にお金を借りてしまうことが多く、結果として債務整理が必要なほど債務を増やしてしまうことがあるので注意が要ります。
債務整理は借金を返済することができなくなった人のための救済措置という目的がありますが、借金をして可哀相という理由から債務整理をさせてもらうのではなく借金を抱え込んでしまうと犯罪リスクや国の経済の観点からもあまりメリットが無いので、債務整理をしてもらって再起を図ってもらうというのが本来の目的です。
債務整理は借金を無くしてもらって再起ができる反面、様々なペナルティを受けることになるので注意が必要です。

借金とは他人のお金

借金について解説している男性

公的なところ(銀行でも消費者金融でも)からお金を借りる場合はどこでお金を借りてもそのお金は債務という扱いになります。つまり借りた相手に返済しなければいけないお金ということですね。

債務はいわば借金のことで特に多い債務と言えばカードを使用して便利にお金の借り入れが可能なカードローンなどが実際に多くの人に利用されています。

 

昔よりも安易に借金をして債務整理をする人が増えているのは、ローンの仕組みそのものが変遷したことも少なからず影響していると言えます。
借金をすることによるメリットはお金を入手することができるという点で、それがキャッシングであれば、急ぎでその日に借りることができる場合もあります。

 

しかし、実際にお金を借りたことがある人の中でキャッシングやカードローンのような類のローンをしたことがある人はローンをするとその仕組みのせいであたかも自分のお金を引き出して預け入れをしているような感覚に陥ることがあります。
復数の金融機関から借金をして、債務整理に至った方の多くは少なからずこの感覚を体験している方が多いのです。
つまり、自分のお金と他人のお金(借りたお金)の境界がとても曖昧になり、あたかも自分の口座からお金を引き出すようにキャッシングを重ねてしまうということです。

まずは再優先で今後の計画

債務整理のリスクについて考えましょう

借金をすることのリスクにはいろいろありますが、何と言っても多重債務から繋がる自己破産や民事再生などの債務整理が必要にならないように日々の借り入れに気を付けることが必要。

法律に沿って適用される合法的な手段ではありますが、これらの債務整理をすると借金そのものは無くなったとしても、場合によっては一生にわたって残る傷にもなりかねません。

 

借金をすることに対して抵抗心を持たない人が増えているのは昔のようにお金を借り入れるためには消費者金融や銀行に通ってスタッフと顔を合わせて対応を気にする必要が無くなったことも関係していると思われます。
どちらにしてもお金を借りることが決まった以上は完済が義務になるわけなので、完済に向けた返済計画を立てていく必要がありますが、その際に最初から負担が重たい計画を立てると上手くいかないので負担ない返済計画を立てることが大切です。

 

また、借金を返済する場合はできるだけ債務整理にならないように早期返済が望ましいのですが、借金をしていることに気が焦ってしまうと返済計画が鈍ってしまうなどのトラブルがあるので十分に注意をする必要があります。

借金の心得

お金を借りるときは確実に返済できる計画を

お金を借りる行為がそのまま借金ということになりますが、借金という言葉を耳にすると言葉に重みを感じてしまうものの、キャッシングやカードローンなどの名称として聞く場合はそこまで重みが感じられません。

借りる側からすると良い環境なのかもしれませんが、借金をするという行為に対しては責任感をしっかり持っていないと効率的な返済は難しく、キャッシングやカードローンだとさらに借金をしているという自覚に乏しいことも多いので問題は顕著になります。

 

借金の行く末には完済するストーリーと債務整理のストーリーが用意されていますが、完済に達するには借りたお金を確実に返済するというシンプルな方法だけで可能になっているものの、計画をきちんと立てなかったことなどから債務整理になることも少なくありません。
また、カードローンのように自己管理の必要性が高いローンで借金苦に悩むのは自業自得な面もありますが、住宅ローンを支払っている途中で病気になってしまい仕事に行くことができなくなったなどのトラブルから債務整理が必要になることも少なくありません。

 

借金をするときは明確なプランを立てましょう

どんな方法で借金をした場合も債務整理をするという選択肢は自然と入ってくると思いますが、あまりにも自業自得な理由で借金をしている場合や借金を繰り返している場合は債務整理で借金問題を解決することが難しい場合もあります。
どちらにしてもお金を借りる場合は完済までの道筋を立ててから返済の大まかなプランに沿って返済をしていきましょう。

借金でつまずきやすいので注意すべき人とは

借金のポイントについて解説している男性

債務整理は借金をした人の中で自分の力だけではどうにもならないくらい借金を抱え込んでしまった場合。

そして借金の額はそこまで多額ではないものの、仕事をクビになったなどの理由から安定して給料が入ってこなくなったことで借金の返済が滞る場合においても借金整理の名目で行われることがあります。
借金が返済できなくなる人のすべてが悪いというわけではなく、収入が途絶えてしまうなど仕方ない理由で債務整理を検討することになる人も少なからずいますが、ほとんどの人は自己管理がきちんとされてないことによって借金を不要に抱え込む場合が多くなっています。

 

そのため、借金をして債務整理をする人の多くは自分で自分の管理がきちんとできてない人になりますが、どちらかというとイメージの良い前向きな人ほど借金をしやすい傾向にあります。
これは何とかなるという希望的観測な気持ちが強いことが関係していて、借金をする場合も本来は必要ないお金であるにも関わらず、返済は何となくなるという軽い気持ちで借りやすい傾向にあるためです。

 

もちろん、現代社会において前向きな思考は重宝され、自分自身にもさまざまなメリットがありますが、借金をするということに視点を置くと必ずしも前向きな気持ちが全てではないということに気を付ける必要があります。
借金をしやすい人はもちろん債務整理のリスクが高いということでもありますが、借金で失敗しないためにも借金に対しては負の感情を持つことが大切です。

借金返済に困ったときの対策が分かるトップページへ戻る借金を返せない時はこちらのトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

カードローンの違い-消費者金融系と銀行系
現在はカードローンには大きく分けて消費者金融系と銀行系のカードローンがあり、それぞれ特徴的な違いがあります。
カードローンで失敗している実態
カードローンはとても手軽で便利なだけに借りる事を軽く考えがちになります。カード破産などの失敗をしないためにしっかりと返済を念頭に置いた計画的な使い方が必要になります。
ローン、クレジットはこうして使う
カードローンやクレジットカードは上手に利用できればとてもお得で便利。失敗せずにフル活用するためにはどうしたらいいのでしょうか?
借金の保証人を頼まれた時
借金の保証人を頼まれた時に気をつけるべきこと。保証人になる際の心得などについてご紹介します。保証人とは借主本人と同様の責任が生じますからくれぐれもご注意ください。