カードローンでの失敗とは

手軽なだけに要注意

キャッシングの手軽さに錯覚しないようにしましょう

今の時代、銀行にお金を預けて入れる際や預けたお金を引き出す際にキャッシュカードを使用するのは一般的となっています。カードを使用することによって特定の場所だけでなく関連するATMでもお金の管理ができるメリットがあります。

 

また、キャッシュカードに限らずお金の借り入れや返済をする場合はローンカードを使用することによって自由に取引をすることができるようになっていて、実際にキャッシュカードを使用したお金の管理と取引方法が類似している特徴があります。
カードを使って便利にお金を借りることができる取引のことは一般的にカードローンと呼んでいますが、一般的なローンとは一線を画しており自由性の高いローンサービスとして多くの利用者がいます。

 

一方で、債務整理が必要な状態になることも少なくないのが特徴で、ローンは利便性に優れているほど必要以上に借金を抱えてしまいやすいので、その点で考えるとカードローンの利用は債務整理のリスクを上げてしまっても不思議ではありません。
しかしながらカードローンを利用する人のすべてが債務整理の必要になる状態ではないことを考えるとカードローンを利用して借金を多く抱えてしまう人は日頃からきちんとお金の管理ができてないなどの欠点もあるはずです。

 

債務整理は借金問題を解決するための最終手段的な方法になっていますが、それによって借金が解決したとしても何らかのペナルティを受けることになるということを考えるとできれば避けたいものです。

昔のカードローンと今のカードローン

カードローンの使い方について説明する人

今でこそ様々な金融機関がカードローンを提供するようになっており、中にはネットだけでオール管理ができるようなカードローンサービスの特化型のローンを提供するようなところも増えていますが、今でもスタンダードなのはカードを使ったローンになっています。

 

昔は主に消費者金融が中心となって行っていた個人向けの少額融資ですが、そこで借りるお金は30万円程度であったとしても借金の返済が遅れてしまうと借金額は数百万円までに跳ね上がってしまうことも少なくなく、その行く末には債務整理ということもありました。
この頃は債務整理と言えば自己破産という印象が強くありますが、この方法しか借金を整理することができなかったのではなく、金利が法外であったため借金をしてから借金が一気に膨れ上がってしまうまでの時間が短いことによって自己破産以外の債務整理を選ぶ選択肢が無い状態でした。

 

その一方で現在のカードローンは昔に比べると金利がかなり下がっていることもあって借金をしてから借金が膨れ上がってしまうまでの傾斜が緩やかになっているため、自己破産の前に任意整理などの債務整理を十分に検討する時間があるというメリットがあります。
一方で、そうした利便性が借金をしやすい環境を作っていることは否定できない部分であり、自己破産のように借金を放棄する型の債務整理をするパターンは減少傾向にありますが、それ以外については目立つ部分もあります。

カードローンとサラ金 同じ借金であることを自覚

カードローンをついつい利用してしまいがち

カードローンを利用することによって債務整理が必要なまでに借金を抱えてしまうことがある理由としてはカードローンというローンは自己管理が非常に重要なローンということが主な理由となっています。

自己管理能力に長けている人からすると借りたお金を返済するためのプロセスが最初からしっかりしているため、不要に借金を増やすようなことはありませんが、自己管理能力がきちんとできてない人になると不要な借金を繰り返してすることで一気に債務整理のリスクを増やすことになります。

 

ちなみに今でこそカードローンという名前が一般的に使用されるようになっており、この名称に対してそこまで負のイメージを持っている人は少なくないと思います。
これはカードローンを提供しているのが日頃から頻繁に利用するケースも多い信販会社や銀行なども含まれているからで、このおかげでカードローンにあまり負のイメージが無いのだと思われます。

 

多重債務の現実に直面した人

一方で、昔のカードローンは一般的にサラ金と呼ばれていましたが、これはサラリーマンが利用する借金という意味合いも込められており、いろいろあるローンの中でも金利が高水準で債務整理のきっかけになるローンの一つとして知られていました。

債務整理というのは自己破産や任意整理ですが、サラ金と呼ばれていた時代は少し借りただけでも10倍を超える借金に短時間で膨れ上がることも少なくなったので、債務整理の中でも特にレベルの高い自己破産をする人が多くいました。

借金返済に困ったときの対策が分かるトップページへ戻る借金を返せない時はこちらのトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

借金をするときの心得とは?
借金をするときの心得というものがありますが、多くの人は特に意識しないままにお金を借りていることが多いようです。同じ借金でありながらカードローンなどの名前が付くと借金の重みが感じられないことも。
カードローンの違い-消費者金融系と銀行系
現在はカードローンには大きく分けて消費者金融系と銀行系のカードローンがあり、それぞれ特徴的な違いがあります。
ローン、クレジットはこうして使う
カードローンやクレジットカードは上手に利用できればとてもお得で便利。失敗せずにフル活用するためにはどうしたらいいのでしょうか?
借金の保証人を頼まれた時
借金の保証人を頼まれた時に気をつけるべきこと。保証人になる際の心得などについてご紹介します。保証人とは借主本人と同様の責任が生じますからくれぐれもご注意ください。