カードローンの違いについて

消費者金融系と銀行系の2つの違いは

カードローンについて解説している男性

カードローンには、消費者金融系のローンと銀行系のローンがあり、それぞれ特徴があります。これらのカードローンの内容で違うのは、消費者金融系の金利と銀行系の金利が大きく変わってくることです。カードローンの金利については、銀行系の方が金利が安く設定されている傾向があります。

 

銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンとを比べると2〜10%も金利差がある場合があります。
低金利のほうが当然ですが返済が楽になりますし、長期間に亘って利用した時に返済額の違いは大きく違ってくることになります。

 

初めてカードローンの申込みをしたときの、審査の内容も違いがあります。審査がすぐに終わることが、消費者金融会社のいいところです。
短時間で審査が済むので、申込みから融資金を受け取るまでに時間がかかりません。

 

銀行系カードローンでは、何日かしてから審査の結果が判明するので、それまでは待機することになります。
銀行系のカードローンの場合は、審査にかかる時間が1日以上にもなることがあり、時間に余裕が無い人には向いていません。

 

金利が無利息になる期間を設けている消費者金融系に比べて、銀行系は無利息キャンペーンといった特典は用意されていない場合がほとんどです。
銀行系カードローンは、まとまった金額を低金利で融資してもらえるというメリットがありますが、融資までのハードルが高く、審査に時間がかかりますので、それでは都合が悪い人もいます。
急ぎでお金を借りたいという状況でないならば、銀行系カードローンを利用したほうが低金利で、返済総額を少なく抑えることが可能になります。

 

金利や貸付上限金額、返済のやり方などは、カードローン会社によつて差があります。
各社の特徴を踏まえた上で、自分にとって都合のいいカードローン会社を探すようにしてください。

カードローンの金利について

金利と借入金額の上限について解説します

カードローンの金利について説明します。一般的な消費者金融系の金利は、4.5%から18%が相場になっております。

例えば10万円を融資した場合にかかる金利は18%が相場と言われております。これは申し込み時点での限度額設定で異なります。
一度に借り入れ可能な金額が大きくなると、低金利の融資になりやすいようです。

 

カードローンの申込みには審査があります。申込み者の年齢、勤務先、勤続年数、家族構成などから借り入れ上限額が決まります。
場合によっては、少額のカードローンしか利用できないこともあります。審査の内容で、一度に借りられる金額は変わります。

 

基本的なところは、銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンは似ていますが、銀行系は4%〜14%で融資可能です。金利だけを見てみると、銀行系がお得なのが分かります。
ほとんどの銀行がこのような金利設定になっております。ならば銀行系で契約すればお得という考えの方がいますが、金利以外の点についても、カードローンを利用する時には検討する必要があります。

 

銀行系カードローンは、審査の結果が出るまで何日かかかりますので、消費者金融系カードローンのような早さがありません。銀行のカードローンは申込み手続きが煩雑なこともあります。口座を開設しないといけないところもあって、手間がかかります。
できるだけ早く融資を受けたいと思うなら、消費者金融系がいいでしょう。
銀行系カードローンは、お金を借り入れることができるようになるまでに多少の時間を費やしても構わないと考えているような人向けとなります。

カードローンのお金の返済方法について

借りるときは一番初めに返すことを考えましょう

カードローンを利用して借りたお金の返済方法はいくつかあり、選択できるようになっています。

消費者金融系に会社や銀行系のカードローンを申し込んで、融資を受けた場合には、その翌月から融資金額に対しての返済が始まります。
毎月の決まった日までに、借りたお金を返済するというスタイルになっています。
返済方法は、銀行やコンビニのATM、無人自動契約機などから、お金を入金するというものです。
ATMは、探せば色々な場所にありますので、返すお金さえ手元にあれば、返済する行動そのものはそれほど面倒ではありません。

 

返済を簡単に行いたいのであれば、カードローンで契約してから、返済を毎月の決まった金額に自動引き落としに設定しておくといいでしょう。
返済方法にはいくつか種類があり、基本的にはリボルビング方式による返済になっています。元金利息を含んだ一定の金額を支払う形になります。このリボルビング方式では無理のない返済が可能になります。

 

月に応じて返済金額が膨れあがるといった心配はありませんので、返済が生活を圧迫する心配はありません。
リボルビング払いでの返済金額は、希望に応じて金額を高く設定することもできます。
返す金額を多くすることで、1カ月あたりのやりくりはきつくなるかもしれませんが、それだけ早く返し終われるわけです。

返し方を考えておくことは大事です

 

どんな返済の仕方をすれば、楽で確実な返済ができるか熟考しましょう。
全額を一度に返済したり、月々の返済金を下げることもできます。

借金返済に困ったときの対策が分かるトップページへ戻る借金を返せない時はこちらのトップページをご確認ください。あなたの借金返済状況に応じてケースバイケースでの返し方、どうしても返せないまま滞納している時にすべき対策を紹介しています。

関連ページ

借金をするときの心得とは?
借金をするときの心得というものがありますが、多くの人は特に意識しないままにお金を借りていることが多いようです。同じ借金でありながらカードローンなどの名前が付くと借金の重みが感じられないことも。
カードローンで失敗している実態
カードローンはとても手軽で便利なだけに借りる事を軽く考えがちになります。カード破産などの失敗をしないためにしっかりと返済を念頭に置いた計画的な使い方が必要になります。
ローン、クレジットはこうして使う
カードローンやクレジットカードは上手に利用できればとてもお得で便利。失敗せずにフル活用するためにはどうしたらいいのでしょうか?
借金の保証人を頼まれた時
借金の保証人を頼まれた時に気をつけるべきこと。保証人になる際の心得などについてご紹介します。保証人とは借主本人と同様の責任が生じますからくれぐれもご注意ください。