過払い金返還請求する場合のデメリット

過払い金とは

過払い金返還請求について説明します

過払い金とは「グレーゾーン金利」として業者に請求され、返済の過程で払い過ぎたお金のことです。

利息の上限を決めていた「利息制限法」と「出資法」をいう2つの法律があるのですが、それぞれの法律に定められた利息の上限には違いがあり、その中間の部分にあたるものが「グレーゾーン金利」といわれるもの。
このグレーゾーン金利は法的に無効なものなので、業者に返還を請求することでいままで払っていたグレーゾーン金利を「過払い金」として取り戻すことができます。

 

今では信じられないことですが、大手の信販会社、金融業者であっても、以前は利息制限法で定められた利息を超えて、出資法の上限金額までの利息(29.2%)を堂々と取っていたのです。民事上は原則違法だけれども刑事罰の対象にはならない、という法律の盲点をついてまかり通っていたこととは…恐ろしいですよね。
昔はなんともいい加減な法律の運用だったんですが、それが、ひとつの裁判での「利息制限法を超えて徴収した金利は返還しなければならない」という判決を受けて多くの人が過払い金返還請求を始めました。

 

また、すでに返済が終わっている人であっても、利息制限法による計算をし直して(引き直し計算)請求することが可能です。グレーゾーン金利での取引をしていた場合は、間違いなく過払い金が発生していますからぜひ返還請求すべきですね。
こちらから返還請求しない限りは決して戻ってこないお金ですし、最後に取引をした日から10年経過すると過払い金が時効になってしまい、請求できなくなりますから、早めに手続きすることが必要です。

過払い金返還請求のデメリットやメリットとは記事一覧

最近の人は消費者金融や銀行からキャッシングとしてお金を借りる場合に金利が高いように感じる人が大半だと思いますが、基本的にキャッシングは他のローンと違い一線を画していて金利も高く設定されているのが普通です。しかし、一昔前にキャッシングを利用したことがある人からすると現在の金利は低いと感じる人が多く、これは一昔前の金利だと30%から場所によっては50%を超えることも珍しくなかったことが理由としてありま...

借金をしたことがある人は過払い金が発生している可能性がある人も中にいますが、このお金は本来なら支払わなくて良いお金を払っている状態なので、一度は払ってしまっているものの返金を請求することによってお金を取り戻せることがあります。場合によっては債務整理を検討している際にかえって来たお金を借金返済のお金に充てることで債務整理が不要になることもあるので、順番としては必ず先に過払い金の有無が無いか調べるよう...