自己破産のデメリット、費用が気になりますよね

自己破産とは

自己破産のデメリットについて考えている人

債務整理とは、債務(=借金)を整理すること。

つまり借金の元本や金利を減らしたり、免除してもらうことで、重い借金の負担から解放されるための手続きのことです。その債務整理の中でも、全ての借金を免除してもらうのが自己破産です。

 

裁判所に「破産申立書」という書類を提出し、その結果、債務を返済することが不可能である、と認められれば「免責許可」が出て全ての借金を免除してもらうことができます。借りているお金を返せないことが自己破産が認められる条件です。
これ以上は借金を返せない、という判断をどうやってするのか、ということですが、それは借りている「借金の総額」、あなたの「収入」、そしてあなたが持っている「財産」などを総合的に見て決定されるのです。

 

もしあなたが、一定の金額以上(概ね20万円以上)の貯蓄、自動車、土地、建物などを持っている場合はそれらを手放さなくてはなりません。財産を換金して、債権者(お金を借りている業者)に分配して借金返済の一部とするからです。
ただし、それだけの財産があるならば前もって換金し、自己破産は避けられるケースが多いもの。
もし、土地、家屋のローンを返済中なのであれば、債務整理のひとつである「個人再生」ができるかを考えるべきでしょう。

自己破産のデメリットやメリット、費用は?記事一覧

金融機関からお金を借りると当たり前ながら返済の義務が生じますが、借りたお金は返すというのが常識になっているものの、なかなか思うようには返済が進まないこともあります借金をすることによって様々なリスクを抱えることになりますが、その中でも債務整理が必要になるというのは信用情報にも関わってくることになるため、できれば債務整理は避けたいところです。しかし、借金に対しての返済能力が弱くなっている場合に返済して...

自己破産は収入の減少などにより借金の返済に行き詰まり、日常生活が立ち行かなくなった時には、借金を免除し生活を再建できるようにした法律です。国民に等しく認められた権利であり、ブラックリストへの記載など信用面ではいくつかのデメリットを負うことになります。それでも、心身をすり減らした挙句に差し押さえなど最悪の状態になる前に自己破産を申し立て、元の生活を取り戻すべきだと考えます。しかし、ここでただひとつ注...