借金 返せない

借金を返せない場合にとるべき方法は

借金を返せなくなってしまった。

 

お金がなくなり借金がかえせなくなった主婦

消費者金融、信販会社、銀行などから借りたお金を返済できなくなってしまった方はどうしたら良いのでしょうか。

 

まず先にすべきなのは消費者金融などの業者に連絡して事情を説明し支払いを待ってもらうこと。その際はいつ支払えるのかを伝えることが求められます。返済するお金が用意できる見込みが無いときには親御さんとか頼めそうな人に援助をお願いすることでしょう。恥ずかしいとか叱られると言っている場合ではありません。

 

問題なのは支払いを待ってもらったところで、この先も返済できる見込みがない時です。さらに問題なのはすでに何か月も返済できずに督促も無視して滞納したまま放置しているというケース。
「援助を頼んだものの断られ、いろいろ手をつくしたがだめだった。」「もう、どうやってもダメだとあきらめて無視、放置している。」「借金は5年放置しておけば時効になると聞いたから、それまでは…。」などが放置の理由ですが時効が来る前に裁判を起こされたり、強制執行(差し押さえ)されることがほとんど。そのまま放って置くことは最悪であり良いことは何もありません。

 

 

相談する人がいない時には

 

お金の悩みで気が重い人

借金を返し続けていくのが無理だと感じているなら、そのままにせず無料でできる借金問題の相談を強くおすすめします。

 

現在はほとんどの法律事務所などで弁護士が無料相談をしています。身近な人には言いにくいことでも他人である借金問題のプロの方が何でも言いやすいはず。専門家に相談して問題を根本的に解決して安心して過ごせる普通の生活を取り戻してください。

 

とは言え自分の恥ずかしい借金の相談をしたくない、知られたくないという方が多いのが事実です。理由の多くは「家族、職場に知られたくない」という理由が一番。ほかに「ギャンブル、風俗、浮気などが原因の恥ずかしい秘密の借金」であることなど。その他にも「いきなり弁護士事務所へ出向くのは気後れする。」さらに、「地元の弁護士に相談行って顔見知りにバレたりしないか心配」という不安もあります。

 

ただ、弁護士の業務で借金相談は日常茶飯事、それに仕事自体が守秘義務その物ですから内容が絶対に漏れることはありません。もし、いきなり弁護士に相談するのはちょっと…、また誰にどうやって相談するのかわからないのであれば、無料メール相談があります。24時間いつでも無料で利用できて便利です。

 

 

無料相談をおすすめする人

借金が返せなくなり悩んでいるなら解消しましょう。これ以上返済のことで苦しむ必要はありません。

専門家に相談することで、いままで知らなかった解決策がわかったり、解決できることが多いのです。
後悔する前に無料で相談、借金をどうしたら良いかシミュレーションしてみることをおすすめします。 
>>>街角法律相談所無料シュミレーター

本当にとても多い借金を返せない状況

借金から抜け出すことができます

 

気が付くと借金が返せない額に

消費者金融やカードローンの借金を返せない状況になってしまった。いままできちんと返せていたのに…まさか自分の身にこんなことが起きるなんて。

借金が返せない。相談したり頼りになる人もいない。こういうケースが実はとても増えているのです。

 

こうなると、毎日が不安や悩みがいっぱいで、心の休まる暇もなく頭の中が借金のことだらけではないでしょうか。
常に強いストレスにさらされて、夜も眠れず、寝たと思ったら怖い悪夢にうなされる方も(私がそうでした)。
お金のことに心身ともに振り回されて、生活に疲れきっている方も多いはずです。

 

 

普通の生活を取り戻せます

 

借金の不安とストレスで精神が不安定になってくる

借金が返せなくなり、督促の嵐がどんどん来るようになると、気持ちが不安定になり経験したことのないストレスで体調を壊したり、うつ状態になる人も少なくありません。

自分自身を追い詰めてしまい、最悪の場合犯罪に手を染めたり、自らの命を断ってしまう痛々しいケースもあります。
でも、どうか落ち着いて気持ちを楽にして、希望は捨てないでください。借金の問題は解決できます。そして普通の生活を取り戻すことができるからです。

 

私もそうでした。500万円の借金を前に途方に暮れていたこのサイト管理人が膨大な借金と格闘して七転八倒した体験を元に借金問題解決法をご紹介します。
しかし、そんなにひとりでジタバタする必要はありませんでした。当時の私が知らなかったばかりに解決まで遠回りした反省も踏まえてお伝えする、最速、最短であなたの生活を再建できる方法です。

こんな状態なら早期解決を目指すべき

借金返せない状況チェック

 

以下にあげた事は全部わたしの経験してきたことですが、あなたもすでにこんな状況になっているのではありませんか?

 

  • 返済するために別のところから借りては返す「自転車操業」を続けてきたけれど、もうどこからも借りることができない。
  • 月々の返済ができなくなってしまった。借金を返すあてもないまま放置し、滞納してしまっている。
  • 親や家族に相談もできない、ましてや友達や知人を頼ってお金を貸してもらうなんて、とてもできない。
  • 毎日、督促や取り立てに悩まされていて、お金のことがひとときも頭から離れない、本当に借金地獄の毎日がいつまで続くのか。
  • 多重債務の借金を一本化して返していこうと思い、おまとめローンにいくつか申し込んだけれども審査に通らない。

 

上記のような現実に追いつめられて、借金地獄の中で心も身体もボロボロになりほとんど無気力でなげやりに生きていました。
このような状況になるまで借金で行き詰ってしまったキッカケは勤めていた会社のリストラでした。

 

 

キッカケは様々、だけどパターンは似ている

 

リストラ、雇い止めにより収入ストップでため息

キッカケは人によってさまざまだと思います。派遣切りなどで仕事をやめることになってしまった、勤め先が不況で、あるいは転職で給料が大幅に減った、急な病気で入院、治療で働けない。浪費ぐせが治らずシャッシングを繰り返した、ギャンブルが止められずサラ金利用などなど…

 

理由はいろいろありますが、問題なのは、お金が足りなくなって借金したが結局はそのお金も返せなくなり、返済にあてるために別のサラ金、消費者金融などからまたお金を借りるというパターン。そしてこういう場合、ほとんどがそのパターンを何度も何度も繰り返すはめになるのです。
つまり、返せなくなって新しい借金をし、さらにそれも返せなくなるとまた別な借金を重ねる自転車操業によって、何件もの借金がどんどん雪だるま式に膨らんでいわゆる多重債務者になっていく悪循環で借金地獄にはまってしまうのです。

現実を見ないで放置しておくと

このような状況なら赤信号

 

このような状態になってしまったら解決を急がなければいけません。このまま放置しておいて良いことなんかひとつもないからです。
もうすでに返済を催促する電話、督促状が郵送されて来ていませんか。借金を返せないままに、放っておくと実際どうなってしまうのでしょうか?対応は業者によって多少異なりますが、概ね次のような順序で進んでいきます。

 

  • 返済入金の督促電話が来るようになる。入金がいつになるのか、いくら入金できるのか迫られる。
  • 返済の督促状が郵送されてくる。支払えない場合は一括返済(借金の残額を全部いっぺんに返さなければならない)になることが書かれている。
  • 貸金業者の担当者が直接自宅まで押しかける(と言っても怖い人が大きな声を出したり、すぐに払えということはありません)。
  • それでも返せないと残債と遅延損害金も含めて一括返済せよとの通告が内容証明郵便で届く。
  • 貸金業者による簡易裁判所への債務不履行の申し立て(裁判所に訴えられて法廷に呼び出される)。
  • 裁判に欠席したり裁判での決定に従わず返済されないと強制執行(給料、クルマなどの財産の差し押さえ)される。

 

給料が差し押さえされるということは、必然的に借金をしていながら返済できずにいることを勤務先に知られることになります。また、先にも書きましたが、金融会社がじっと借金の時効を待つことはありません。業者側が必要な手続きをとって裁判、差し押さえとなると思って間違いありません。
このような最悪な事態をなんとか避けなければいけません。そのために私たちができる具体的な対策は何でしょうか?

返せない時の具体策は

本当に楽で簡単な方法とは

 

借金問題解決法の選択で悩む人

借金を返せない、もうこれ以上は現状では返済して行けない。もうすでに返済の滞納が始まっている。そこから脱出するための具体的な解決策として思いつくものをいくつか検討してみます。

一番楽で良い方法は、ご両親など親族に事情を説明し頭を下げて、残債分全額を一時立て替えてもらい一括で返済すること。大事なことはうそをつかずに正直に事情を説明し一回限りと約束して借りることです。
さらに大事なのは残債全額を一括返済することが絶対条件です。その場しのぎで今月分だけ借りると、必ずまた同じ状況になってしまいます。
ただ、このサイトでは具体策とは考えていません。ごくごく限られた人にしか当てはまらない希少なケースだと思うからです。
ここでこんな特別な幸運に恵まれていない普通の私たちが実践できる解決策をあげてみます。

 

 

おまとめローン

いくつもの金融機関、貸金業者、信販会社を利用しているいわゆる多重債務の場合、それらをひとつにまとめる「おまとめローン」の利用が考えられますよね。ただ、すでに返済が何度か滞っている、借りている総額が多すぎるという場合、現実的にはおまとめローンの利用は困難だというのが結論です。上記の私のケースみたいに現在すでに借金が払えない状況になっていて、何回か滞納している場合は銀行などの「おまとめローン」の利用は無理でしょう。
実は「おまとめローン」というものは貸付条件がかなり厳しいのです。借り入れしている件数、総額、あなたの収入などハードルは高いです。おまとめローンを利用したい人はすでに多重債務者であることが前提ということを考えれば、審査に厳しい条件があるのも仕方がありません。
さらに、実際に利用できたとしてもまとめると返済期間、金利が大きく増えてしまい、返済総額が増えてしまったというケースが多いのです。返済が苦しくなりそうだな、と返せない状況になり行き詰まる前の早い段階では検討してみる価値があるでしょう。

 

アルバイト、副業で稼いで返す

今の収入では足りない額の借金返済をする方法としては最も真っ当な方法といえるかもしれません。人に頼らず自力で返すのですから。借金を負った理由は様々でしょうが、浪費したとかギャンブルとか身から出た錆ということであればこの方法がいいのかもしれません。必死で働いて返すことで上記のように人に頼って楽して返すよりも、同じ失敗を繰り返す率ははるかに低いのです。
コンビニで1日4〜5時間アルバイトすると、月に10万円前後稼げるはず。借金の返済にあてるための副業としては充分な額だと思います。ただサラリーマンとしてフルタイムで働いている人にとってとても強い精神力と体力を要する方法。現実にはとても困難な方法といえます。

 

債務整理で法的に解決していく

借金の金額が収入に対してとても大きく返済が絶望的。借金の返済で経済的に困窮していて生活が破綻している。借金によって心身ともに追い詰められている場合は債務整理をおすすめします。
借金が返せない、今後の返済のメドが立たない、すでに一括返済をせまられている場合は借金問題に強い弁護士に相談して、最適な解決方法をアドバイスしてもらいましょう。現在はほとんどの法律事務所で無料相談ができます。弁護士に相談した結果、借金の利息をカット、元本を減額し、さらに過払い金を取り戻すことによって残っていた借金の大幅減額を達成した人も多いのです。
身近に頼りにできる人などいないことの方が多いのが現実。反対に面識のない他人である弁護士、司法書士に相談するほうが気楽で良いという人も少なくありません。それに相談するなら素人よりその道のプロの方がはるかに頼りになる存在といえます。

借金が返せない時、特に返済できないまま滞納している時、返せるあてがない時、できるだけ早く弁護士など専門家に解決のためにどうすべきか、最適の方法を聞きましょう。
一般的な消費者金融、銀行などと、闇金融とでは対応できる事務所が違います。一般的な法律事務所では闇金融に対応していないところが多いからです。

 

名前を記入する必要がない簡単無料メール相談

 

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらの街角法律相談所。24時間いつでも受け付けていて相談すれば自分に最適な解決法をアドバイスしてもらえます。
本名ではなくニックネームでも良いので仮名と都道府県名を入力すれば借金問題を解決してくれる最適な法律事務所を全国から探してもらえます。
借金を減らす手続きをしてくれる法律相談所や法律事務所を比較することもできるのです。
紹介された事務所へ実際に債務整理を任せるかどうかは、相談してあなたの疑問を解決してからにするのがベスト。納得いかないままで依頼する必要はありません。

 

●匿名、無料、簡単にその場でわかる ……… 街角法律相談所のメール診断

 

ヤミ金の被害にあっている方へ

 

家族や職場に取り立てをすると脅されたり、返済したはずが入金してないと難癖をつけられたりした。携帯でやり取りするだけで店舗も顔もわからない。そういう業者はきっと闇金融です。
一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。多くの弁護士事務所などでは借金問題の中でも闇金融に対しては敬遠し積極的に取り組んでいる弁護士は多くありません。なぜかといえば非合法の貸金業をしている相手ですから一筋縄では行かない曲者だからです。ヤミ金業者と対決するには専門のノウハウと違法業者に負けない胆力、熱意が必要です。そんな弁護士はたくさんはいませんし、闇金に積極的に取り組んでいる業者は経験、実績豊富な弁護士ばかりです。
ヤミ金などの被害にあわれてお困りの方は、以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に相談されるのがおすすめです。もちろんメールの無料相談ができますから、現状を伝えてみてください。

 

●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応 ……… Duel法律事務所ヤミ金メール相談

債務整理とはどういうこと?

合法的に借金地獄を解消できる

 

債務整理の方法について説明する人

もう無理、これ以上は返せない、頼れる人がだれもいない、家族や周囲には知られたくない、だとしたら残された方法は債務整理という解決法。

債務整理とは借金のために日常生活が破綻してしまった人のための、法律で定められた救済策です。借金問題は労働問題、離婚問題、経済問題などいくつもの複合的な問題によって引き起こされている側面もあります。国が行っている法的な基本的人権の保護といえばいささかおおげさですが。

 

債務整理と聞くとイコール自己破産、と思っている人も多いのですが、債務整理は自己破産だけではありません。大きく分けて4種類の債務整理方法があります。
それぞれ、弁護士や司法書士など借金問題解決のプロに相談して、金利や元金を減らして残った分を数年間で返済していく任意整理から自分の財産を手放すかわりに借金をゼロにする自己破産まで、債務整理する本人の残っている借金総額、収入や家計などの収支、資産価値のある財産の有無などの条件や状況と本人の希望によって、どの方法で借金を整理するかを決めていきます。

 

 

債務整理のメリット・デメリット

 

借金を減らしたり、全額免除できる、そして借金地獄から開放されるのですから、それは夢の様な話です。弁護士に債務整理を依頼したその日から貸金業者の取り立てや督促はストップします。法的にあなたへの請求ができなくなるからです。しかし、当然ではありますが良いことばかりでなくて、そのかわりにデメリットもあります。よく知られているのがいわゆるブラックリストに名前が載ること。しかし、業者による違いはありますが債務が無くなってからから5年〜10年ほどでリストから名前は削除されます。

 

債務整理のデメリットについて説明する人

もし返せない状況になってから、すでに返済が何回か遅れているのなら、すでに「事故情報」(ブラックリスト)が登録されている可能性が高いです。

その後、ずっと借金の返済が終わっていない状況が続けばブラックリストに名前が残ったままで、ようやく返し終わってからさらに5年以上は名前が消えません。
ですから滞納した借金が残っている、まだ全部返せないでいる、という状況をだらだら続けるよりもなるべく早く借金を解消してブラックリストからの削除を待ったほうが得策だということが言えます。

 

 

債務整理の種類

 

わたしは思い込みで「債務整理イコール自己破産」だと理解していましたが、実はそうではなかったんです。
債務整理とひとくちに言っても、その方法は何種類もあるということをご存じでしたか?
実際に債務整理する場合は、あなたの借金がいくら残っているのか、収入がいくらで生活費がいくら必要か、返済は可能なのか、毎月いくらなら返済を続けていけるのか、など現状を弁護士、司法書士と相談しながらどの方法で借金を整理するか決めていきます。

 

過払い金請求

現在の利息制限法に基づき過去の完済した分も含め違法に多く請求されていた利息を取り戻すことです。
過払い金請求は債務整理ではありませんが、債務整理と平行して行われることが多く、高金利で借りていた人は大幅に減額するケースも。

任意整理

お金を借りている貸金業者と交渉して、残っている借金の利息や元本を減額、同時に過払い金返還請求も行い残った借金を返済していくものです。
弁護士が任意整理を受任した通知をすると直接あなたに請求することはできなくなりますから、取り立て、督促はストップできます。

個人再生

住宅ローンを返しながら、家を手放さずにそのほかの借金を整理できます。任意整理よりも借金が大幅に減額できる可能性(元本が最大で10分の1まで減額)があります。弁護士が民事再生を受任した通知をすると直接あなたに請求することはできなくなりますから、取り立て、督促はストップできます。

自己破産

全ての借金をゼロにできますが滞納している税金は残ります。また、高額な財産を所有している場合は処分しなければなりません。
弁護士が自己破産を受任した通知をすると直接あなたに請求することはできなくなりますから、取り立て、督促はストップできます。

 

 

 

債務整理体験談より

 

体験談体験談矢印任意整理 サイドビジネスの運転資金が返せない

 

任意整理をした男性

  名前:遠藤義博(仮名)
  性別:男性
  年齢:30代
  住所:山梨県
  職業:会社員
  借金総額:320万円
  借入件数:5件

 

安易な借金がつまずきの始まり

私がカードでの借金が返せない状況をさらに悪化させたのは「そのまま放っておいた」ことでした。もうどうしょうもなくなり、精神的に追い詰められ、現実から目を背け逃げていたという感じです。
貸金業者の一括返済請求も無視していると、最終的には予告もなく裁判所から「出頭」の呼び出しが来るところまで行きました。つまり貸金業者がこのまま無視されたままではらちがあかない、ということ。そのままの状態では給料の差し押さえとなってしまいます。今だからこのままならどうなるかわかることですが、当時は裁判所なんてどうして良いのやら、どうなるのやら、まるでわかりませんでした。
私が消費者金融を使い始めたのは10年以上前のこと、当時友人から勧められたサイドビジネスの運転資金のために利用し始めました。当時はバブル後の不景気で会社の給料も上がらず、ボーナスはカットされ徐々に将来にも不安を感じ始めていた頃です。サイドビジネスといっても、個人での商品販売であり、売るための商品を仕入れるときは、まず自腹で購入するかたちで仕入れなければなりません。

 

希望を持って参入するが思い通りに行かない

今思えば、この時点で「あやしい」ものですが当時は友人も私もヤル気満々、気持ちも高揚していて、若さゆえか不安を感じる用心深さや情報がなかったのです。
もう気づかれている方もいるかもしれませんが、この商売は「ネットワークビジネス」と言われ、一般には「マルチまがい商法」という名称で知られているもの。違法ではないもののかなりグレーなビジネスであり、多くの人に敬遠されているもののようです。そのうちに私を誘った友人が「これ以上やってたら破産してしまう!続けられない…」と脱落。先にやめてしまいました。わたしは半ば意地になって「これで絶対勝ち組になる!儲けてやる」と続行しました。しかし、友人のほうが私よりずっと利口でしたね。このビジネスはとても成功率が低い仕事だということをその時はまだ知りませんでした。この種のビジネスで月10万円以上稼げる確率は1%未満という数字も明らかになっています。

 

頑張っても借金が重なって行くばかり

必死で営業を続けるも成果は思い通りに上がりませんでした。この仕事のキモになるのは自分の傘下となるビジネスパートナーの勧誘にあったのですが、そこが思い通りになりません。こころざしを同じくする仲間が増えなければどうにもならないのです。結局、借入が着々と増えるばかりで利益は伸び悩み、商売に加えて返済に四苦八苦する日々がやって来ました。借金を返すために売上を増やしたいというハメになりこれでは本末転倒というやつです。仕方なくキャッシングのカードを新たに作りそこから借りて返すということを繰り返すようになっていました。これはもう、れっきとした多重債務者であり借金の末期症状。借金総額は300万円を超えていました。

 

返済をあきらめ数ヶ月放置すると

借りては返すの自転車操業もう限界にきてしまい、どこからも借りることができなくなってしまっていました。これではもう借金を返すことはできません。いくつもの貸金業者から督促の電話が鳴り止みませんでしたが電話に出てしまえば、いつ返せるのか、いくら返せるのか返事をしなければなりません。返せるアテもない借金を返す約束なんてできるはずもなく、電話や督促の手紙を無視していたら、一括返済の通告も来てしまいました。

 

しばらくしてから裁判所からの呼び出しが来るに至り、ようやく自分が深刻な状況に陥っていることを知り「なんとかしなければ相当まずいことになる」「会社に知られることになるかも」と自覚しました。いろいろ解決策を調べ、まずワラにもすがる思いで無料の法律相談をしたというわけです。現状を説明しいままでの話しをましたが、過払い金も充分に期待できるし最適な解決法として任意整理で解決できそうだと提案してくれました。

 

任意整理で借金を減らして返す

自己破産よりもデメリットは少なく、もちろん勤務先、家族など周囲に知られることもありません。使っていたキャッシング、クレジットなどのカードを持参し、借金総額を伝えたところ、過払い金返還分もあるので任意整理で借金を減額し返済する方法で解決できそうだとのこと。合法的な利率で引き直し計算をした結果を後日連絡いただき、借金の残額を約半分の150万円程に減らすことができるとのこと。
最初に面談した時に弁護士さんにかけてもらった「もう大丈夫ですから安心してください。」と言われた時、本当に心底ホッとしたことは一生忘れられません。そして、こんなことなら迷ったりあきらめて放置したりせずもっと早く相談したら良かった、と思ったものです。まだ債務整理しようかと迷っている方がいたらこれ以上悩んだり苦しんだりすることはありません。すぐに思い切って専門家へ相談することをおすすめします。

 

 

無料相談をおすすめする人

借金が返せなくなり悩んでいるなら解消しましょう。これ以上返済のことで苦しむ必要はありません。

専門家に相談することで、いままで知らなかった解決策がわかったり、解決できることが多いのです。
後悔する前に無料で相談、借金をどうしたら良いかシミュレーションしてみることをおすすめします。 
>>>街角法律相談所無料シュミレーター

 

債務整理の具体的な事例がわかりやすいおすすめの動画 → こちら