借金 返せない

じつはとても多い借金を返せない状況

返済できなくなり困っている女性

 

消費者金融やカードローンの借金を返せない状況になってしまった。

 

こういうケースがじつはとても多いのです。

 

 

 

 

もうどこからも借りることができない

 

月々の返済ができなくなり借金を返せないまま、滞納してしまっている

 

親や家族に相談もできない、ましてや友達を頼ってお金を貸してもらうなんて、とてもできない。

 

何回か返済が遅れていたり滞納が始まっている状態なら、多数の借金をひとまとめにして返す、おまとめローンの審査もすでに通らないでしょう。

 

 

 

仕事をやめることになってしまった、給料を大幅に減らされた、病気で入院、治療で働けない、返せない。相談したり頼りになる人もいない。

 

まさか自分の身にこんなことが起きるなんて、いままでなら余裕で返せていたのに。

 

今現在、大丈夫でもちょっとしたキッカケから大変なことになり、借金をしたものの返せないことになるケースがとても多いのです。

 

多少の蓄えがあったとしてもそのお金が底をつくのは時間の問題です。
借金を返せない、ということになると実際どうなってしまうのでしょうか?

 

対応は業者によって多少異なりますが、概ね次のような順序で進んでいきます。

 

  • 返済入金の督促電話が頻繁に来て入金がいつになるのか迫られる
  •  

  • 返済の督促状が郵送されてくる
  •  

  • 業者の担当者が直接自宅まで取り立てに来る(コワイ人ではありませんが・・・)
  •  

  • それでも返せないと残債の一括返済(借金の残額を全部いっぺんに返さなければならない)の通告が内容証明郵便で届く
  •  

  • 貸金業者による簡易裁判所への債務不履行の申し立て(裁判所に訴えられて法廷に呼び出される)
  •  

  • 裁判後も判決に従わず返済が支払われないと強制執行(給料、クルマなどの財産の差し押さえ)

 

 

返せない状況のままだと、中には自宅まで取り立てにくる業者もあります。

 

裁判所への出廷を求められたり、最悪の場合、財産、給料の差し押さえということになる可能性も。

 

このような事態を避けるために私たちができる具体的な対策は何でしょうか?

返せない時の具体策は

返せなくなり焦っている女性

いくつもの金融機関、貸金業者、信販会社を利用しているいわゆる多重債務の場合、それらをひとつにまとめる「おまとめローン」の利用が考えられますよね。これを実際に使う場合はどうしたら良いのでしょうか。

 

ただ、前述のとおり現在すでに借金が払えない状況になっていて、何回か滞納している場合は銀行などの「おまとめローン」の利用は無理でしょう。

 

実は「おまとめローン」というものは貸付条件がかなり厳しいのです。借り入れしている件数、総額、あなたの収入などハードルは高いです。

 

さらに、実際にまとめると返済期間、金利が大きく増えてしまうというケースが多いのです。

 

返済が苦しくなりそうだな、と返せない状況になり行き詰まる前の早い段階では検討してみる価値があるでしょう。

 

 

 

借金を返せない、もうこれ以上は現状では返済して行けない。もうすでに返済の滞納が始まっている。相談しようにもそんな時に頼りになる相手がいない。そんな場合の対策としていくつか考えられます。

 

現状のままでは借金を返せない状況になった時、そこから脱出するための具体的な解決策としては

 

親に借りて返す

もし可能であれば、思い切って親(またはそれに準ずるお金を借りられる人)に事情を説明し頭を下げて、残債分全額を一時立て替えてもらい一括で返済するのがベストの方法。

 

大事なことはうそをつかずに正直に事情を説明し一回限りと約束して借りることです。

 

さらに大事なのは残債全額を一括返済すること。これは絶対条件です。その場しのぎで今月分だけ借りる、とかはダメです。必ずまた同じ状況になってしまいます。

 

言うまでもないことですが立て替えてもらったお金はなるべく早く返し、同じことを繰り返さないのはもちろんです。

アルバイト、副業で稼いで返す

今の収入では足りない額の借金返済をする方法としては最も真っ当な方法といえるかもしれません。人に頼らず自力で返すのですから。

 

借金を負った理由は様々でしょうが、浪費したとかギャンブルとか身から出た錆ということであればこの方法がいいのかもしれません。

 

必死で働いて返すことで上記のように人に頼って楽して返すよりも、同じ失敗を繰り返す率ははるかに低いのです。

 

ただサラリーマンとしてフルタイムで働いている人にとってとても強い精神力と体力を要する方法。現実にはとても困難な方法といえます。

債務整理など法的に解決していく

借金の額が収入に対してとても大きい場合、また今後これ以上の収入の増加が見込めない場合、また上記の2つの方法は無理な場合はこの選択肢があります。

 

借金が返せない、今後の返済のメドが立たない、すでに一括返済をせまられている場合は借金問題に強い弁護士に相談して、最適な解決方法をアドバイスしてもらいましょう。

 

現在はほとんどの法律事務所で無料相談ができます

 

身近に頼りにできる人などいないことの方が多いのが現実。それに相談するなら素人よりその道のプロの方がはるかに頼りになる存在といえます。

匿名・無料で手軽にできるメール法律相談はこちらです。もちろん相談だけでOK。住所、電話も記入の必要ありません。

 

 

 

注意の画像

ヤミ金の被害にあっている方へ

 

一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。

 

ヤミ金などの被害にあわれてお困りの方は、以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に相談されるのがおすすめです。

 

  ●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応
  … SALUTE法律事務所

 

  ●ヤミ金被害救済に特化したスペシャリスト
  … エストリーガルオフィス

 

>具体的な無料相談の方法はこちらから

返せない場合は早めに対策

返済困難になったわたし

借金を返せない状況になった

借りては返すの自転車操業も限界

 

貸金業者から督促の電話が鳴り止まず
さらに一括返済の通告も来てしまった

 

私がカードでの借金が返せない状況をさらに悪化させたのは「そのまま放っておいた」ことでした。
もうどうしょうもなくなり、精神的に追い詰められ、現実から目を背け逃げていたという感じです。

 

貸金業者の一括返済請求も無視していると、最終的には裁判所から「出頭」の呼び出しが来るところまで行きました。
つまり貸金業者がこのままではらちがあかないので私を訴えてきた、ということ。そのままの状態では給料の差し押さえとなってしまいます。

 

 

それで解決法を必死で調べて、無料の法律相談をしたというわけです。
現状を説明し、いままでの話しをましたが、すぐに最適な解決法として任意整理で行けそうだ、と提案してくれました。

 

自己破産よりもデメリットは少なく、もちろん勤務先など周囲に知られることもない方法です。
彼らもプロですから慣れたもので、私の話を聞いただけで過払い金の払い戻しも期待できるとの事。

 

そのとき弁護士さんにかけてもらった言葉には泣かされました。
「もう大丈夫です。安心してください。」と言われた時、もっと早く相談したら良かった、と心底思ったものです。

借金が返せない時は早めに

私の借金の解決法

 

無計画な借金生活の果てに返済が行き詰まってしまった私の借金苦体験をご紹介します。

 

なぜわざわざ恥を晒すのかというと、自分自身がこの苦しい体験を忘れず繰り返さないために、というのが一番正直な気持ちなのです。
それにこんなしょうもない中年男の借金苦を反面教師にしていただければと思いました。

 

借金を返せない状況からなんとか脱出したいと必死に本やwebサイトを調べた結果、いくつかの方法がありましたが・・・。
結局私に残された方法はプロ、つまり弁護士に相談し法的に解決していく
「債務整理」。正直に言うと、この他に選択肢がなかったのです。

 

よく聞く「おまとめローン」というのは貸付条件がたいへん厳しく、私のように消費者金融からの借金が返せない状態になってから数ヶ月たっている場合は全く無理のようです。また、すでに両親を亡くし、兄弟はもちろん知人、友人にもお金を借りられるような人はいませんし、なによりも周囲に事実を知られたくなかったのです。

 

 

債務整理のメリット・デメリット

 

もう返せない、頼れる人がだれもいない、家族や周囲には知られたくない、だとしたら残された方法は債務整理という解決法。

 

弁護士や司法書士など借金問題解決のプロに相談して、金利や元金を減らしたり、自分の財産を手放すかわりに借金をゼロにする自己破産までいくつか方法があります。

借金を減免するのですから、そのかわりにデメリットもあります。よく知られているのがいわゆるブラックリストに名前が載ること。しかし、業者によって違いはありますが借金の解消から5年〜10年ほどでリストから名前は削除されます。

もし返せない状況になってから、すでに返済が何回か遅れているのなら、すでに「事故情報」としてリストに登録されている可能性が高いです。
その後、ずっと借金の返済が終わっていない状況が続けばブラックリストに名前が残ったままで、ようやく返し終わってからさらに5年以上は名前が消えません。

ですから滞納した借金が残っている、まだ全部返せないでいる、という状況をだらだら続けるよりもなるべく早く借金を解消してブラックリストからの削除を待ったほうが得策だということがわかりました。

 

 

債務整理について

 

債務整理は弁護士、司法書士に依頼することになりますが、現在は無料での借金相談ができます。地方でも無料相談会を行っている法律事務所が多いです。

 

さらに、24時間いつでも受け付けているメール相談もあります。実は私が利用したのがこの無料メール相談です。おおまかな借金状況の入力でシミュレーションでき、最適な解決法をアドバイスしてもらえます。

 

実際に任せるかどうかは、相談してあなたの疑問を解決してからにするのがベストです。納得いかないままで依頼する必要はありません。

上記のようにブラックリストにしばらくのあいだ記載されますが、家族や職場に知られずにできますし、依頼したその日から貸金業者の取り立てや督促はストップします。法的にあなたへの請求ができなくなるからです。

 

債務整理の種類

わたしは思い込みで「債務整理イコール自己破産」だと理解していましたが、実はそうではなかったんです。
債務整理とひとくちに言っても、その方法は何種類もあるということをご存じでしたか?

 

あなたにあった債務整理方法とは?借金問題セルフチェックシート

 

これは、いただいた資料ですが、とても簡単だけどわかりやすかったのでご紹介させてもらいます。
私の場合は過払い金がかなりあったので任意整理で解決できるとのことでした。

最適な債務整理選びのチャート表

注意の画像

ヤミ金の被害にあっている方へ

 

一般的な法律事務所、司法書士事務所ではヤミ金被害に対応していない事務所がほとんどです。

 

ヤミ金などの被害にあわれてお困りの方は、以下のヤミ金被害救済を行っている実績豊富な事務所に相談されるのがおすすめです。

 

  ●ヤミ金相談実績ならトップクラスで全国対応
  … SALUTE法律事務所

 

  ●ヤミ金被害救済に特化したスペシャリスト
  … エストリーガルオフィス

 

>具体的な無料相談の方法はこちらから

 

 

匿名・無料でいちばん手軽にできるメール法律相談。詳細な住所も記入なしでOKです。

 

陥りやすい借金返済の行き詰まり

もうどうしようもない、このような追い詰められた状況でもあきらめることはありません。

 

ほかに頼る人がいない、こんなことは誰にも言えない、と思っているなら、その道の専門家に相談すべき。

 

弁護士などの専門家には厳格な守秘義務がありますし、このような相談に毎日のように向かい合っています。

 

あなたにとって最善の策はどうするべきかを聞いてみることは借金解決への近道になります。

 

 

 

大切なのは借金問題に強い弁護士に相談すること。守備範囲が広い法律家でもどうしても不得意な分野があります。

 

街の法律事務所では借金問題の専門家なのか、離婚問題に強いのか、相続問題が得意なのかわかりません。

 

無料で、しかも匿名でメールを使って利用できる便利なサービスがありますが、そこは借金問題の専門家ばかり。

 

的確で強力なアドバイスがもらえるのです。

 

>気軽に利用できるメール無料相談について